結婚指輪は石付きがスタンダード | 探してみよう!手作りの結婚指輪

HOME » 手作り結婚指輪の探し方 » 結婚指輪は石付きがスタンダード

結婚指輪は石付きがスタンダード

結婚指輪は石付きのものを買う

結婚指輪と言えば男性側はシンプルなプラチナリングがスタンダードですが、女性側はシンプルなプラチナリングではあるものの、基本的には石付きの指輪を贈るのがスタンダードです。
石付きと言っても結婚指輪に使われる石にもいろいろありますが、もっとも多いのはやはりダイヤモンドで、ハリーウィンストンやカルティエ、ティファニーなどの一流ブランドのブライダルリングもダイヤモンドリングがメインになります。
しかし中にはルビーやサファイアといったダイヤモンド以外の石を使うところもありますし、ダイヤモンドに限るというわけではありませんから、いろいろな指輪をチェックしてみることをおすすめします。

なんで石付きがいいの?

結婚指輪は特にこうでなければいけないというルールがあるわけではないので、必ずプラチナリングを贈る必要もないですし、ダイヤモンドリングでなければ結婚できないということもありません。
にも関わらずプラチナリングで石付きが贈られるのは何故なのでしょうか?
これはまずシンプルに結婚指輪そのものの格を高めてくれることが要因としてあげられ、特別なアイテムという印象を与えてくれるからです。
プラチナでダイヤモンドリングと聞くとやはりブライダルリングをイメージする人がほとんどですし、そういった指輪に憧れを持っている人も多いですから、決まりではなくても選ばれているのです。

クオリティが長続きする

またプラチナはサビに強く劣化しにくいので長く身に着けていても綺麗な状態をキープしやすいですし、ダイヤモンドは地球上の石の中でももっとも硬く、長く輝きをキープできます。
いつまでも輝いているということで縁起もいいため、ダイヤモンドをチョイスされているところもありますから、結婚指輪にはいろいろな意味が込められているのです。
ファッションリングのように日によって変えるものでもありませんから、長く美しい状態を保てるのは大きなポイントなのです。