婚約指輪との重ね付けがしやすい結婚指輪 | 探してみよう!手作りの結婚指輪

HOME » 手作り結婚指輪の探し方 » 婚約指輪との重ね付けがしやすい結婚指輪

婚約指輪との重ね付けがしやすい結婚指輪

重ね付けにも向いている結婚指輪を

婚約指輪は婚約当時にはめるだけではなく、華やかに着飾る場面で結婚指輪と重ね付けするのもよくある使い方です。
そのときによく映える結婚指輪をこれから手作りしたい場合、製作時に婚約指輪を持参するといいでしょう。

実物があると似合う指輪を作りやすい

すでに持っている服に合わせて別の服を買うときにも、合わせたい服を着て試着すると想像だけで選ぶよりも的確になりますよね。
重ね付けしたときに似合う結婚指輪を作るときも同じで、すでに持っている婚約指輪を指輪作りの際に持参すると作りやすくなります。
サンプルリングがあれば実際に試着しながら形や色の調和を確認できるほか、スタッフや職人に相談するときにも、重ね付けする指輪の現物があったほうがより的確なアドバイスを受けられます。
これから作る指輪ならデザインを細かく調整できますので、その婚約指輪に合わせた最適な結婚指輪を作れるでしょう。

プロへと気軽に相談してみよう

ファッションで組み合わせやすい色やデザインにいくつか定番があるように、指輪同士の重ね付けにも合わせやすい組み合わせはあります。
たとえば色合いを統一したほうがバランスよく見えますので、金色なら金色同士、銀色なら銀色同士と、2つの指輪の色はなるべく統一するといいでしょう。
テイストを統一するのもポイントで、たとえば婚約指輪がクラシックなスタイルなら、結婚指輪も同じようにクラシックスタイルにすると似合いやすくなります。
このように重ね付けしたときに似合いやすい組み合わせはスタッフや職人などプロが詳しいですから、デザイン案がよくわからないときは相談してください。

2つの指輪を有効活用しよう

重ね付けのことも考えて結婚指輪を作ると、パーティなど着飾る場面での装いに2つの指輪を有効活用できます。
バラバラに作った指輪を重ね付けしたときよりもさらに素敵なアクセサリーとなりますから、このような活用法に興味がある方は重ね付けのことも意識して結婚指輪を製作されるといいでしょう。
なお、婚約指輪は思い出のある大切なジュエリーとなりますから、持参したときになくしたり、傷や汚れがついたりしないよう、ケースに入れて大切に持ち運んでください。