結婚式は手作り指輪で迎える | 探してみよう!手作りの結婚指輪

HOME » 手作り結婚指輪の探し方 » 結婚式は手作り指輪で迎える

結婚式は手作り指輪で迎える

結婚式では手作りした指輪を交換する

結婚式では指輪の交換を行うのが一般的ですが、結婚指輪はいろいろな方法で入手できます。
主な方法としては、指輪を販売している店に行って購入する方法、自分の好きなデザインにするために、店でセミオーダーやフルオーダーをする方法、インターネット上からオンラインショップにアクセスして購入する方法などがあります。

他にも結婚指輪を手作りする方法があるのですが、手作りする場合には、最初から最後まで自分で行うこともできますし、工房に行けば職人の指導を受けながら結婚指輪を作ることも可能です。
工房では最初から最後まで全て自分たちで行うわけではなく、難しい作業は職人が行ってくれるので安心できます。

最近は工房で結婚指輪を手作りする人が増えているのですが、その理由は工房で手作りした指輪というのは、同じ物が他に存在しないオリジナル物を作れるからです。
手作りをしたことでよい思い出として残るのも、結婚指輪を手作りする人が増えている理由だと言えるでしょう。

指輪のサイズには十分注意する

結婚指輪を購入したときに、サイズが違っていて指輪が入らない、もしくはブカブカですぐに取れてしまうという経験をした人もいるでしょう。
既製品を購入するときだけではなく、オーダーメイドや手作りをするときにも十分サイズには注意しないといけません。

通常指輪はミリという単位ではなく、号という単位でサイズを表します。
6号や7号などと書かれていることが多いでしょうが、指輪には6.5号など、0.5号単位でサイズの指定を行うことができるのです。

号数ではどれぐらいのサイズなのかわからない場合には、インターネットで調べる方法もありますし、実店舗に行って店員に聞けば、わかりやすく教えてくれるでしょう。
最近はインターネットで購入する人も増えていますが、実店舗であれば実際に試着をすることもできるので、サイズが不安だと思っている人は、実店舗で採寸や試着をしてみるのがおすすめです。